O K I N A W A  M A R I N A  沖 縄 マ リ ー ナ

 沖縄マリーナボート免許関係 

試験日程    更新・失効講習日程


レンタルボート
”ヤマハマリンクラブ
 シースタイル”





★ チャンス・チャンス・チャンス ★
只今、ヤマハマリンクラブ(レンタルボート)の
10,000円分利用券プレゼントキャンペーン開催中
適用者:当マリーナにて、船舶免許取得・更新・失効更新(1ヶ月以内)

      


 【小型船舶免許取得】
 【免許制度について】

ボート免許(=操縦免許)は、エンジンやモーターなどの動力を搭載した総トン数20トン未満の船を操縦するのに必要な資格です。 免許を取得するには、小型船舶操縦士国家試験(=操縦試験)に合格しなければなりません。国家試験は、国土交通大臣より小型船舶操縦士試験機関の指定を受けている当協会が実施しています。  試験は、身体検査、学科試験、実技試験の3つがあり、全部の試験に合格すると操縦試験合格証明書が交付されます。この合格証明書と必要書類を最寄りの運輸局等に提出して免許申請を行うと、免許が取得でき、操縦免許証が交付されます。

【ボート免許の種類と操縦できる船】

ボート免許は、航行できる区域や操縦できる船舶の種類によって一級小型船舶操縦士、二級小型船舶操縦士、特殊小型船舶操縦士に分かれています。
取得資格 資格対象の船 航行区域 旧制度の資格
 一級 18才以上 ・総トン数20トン未満
(水上オートバイを除く)
・無制限 一級
二級
 二級 16歳以上
 (注1参照)
・総トン数20トン未満
(水上オートバイを除く)
・平水
・海岸から5海里以内(約9km位)
三級
四級
 特殊 16歳以上 水上オートバイ ・水上オートバイの航行区域
陸地から2海里以内(約3.5km位)
四級(湖川小馬力)及び
五級(湖川小馬力)以外の
資格には含まれています。
注1: 二級免許について年齢が18歳未満の方は、操縦できるボートの大きさが5トン未満に限定されます。
18歳に達すると、特に手続きは必要なくこの限定は解除され、次回免許証更新時には限定の無い免許証が発行されます。

【特定操縦免許】

 旅客船や遊漁船など人の運送をする小型船舶の船長になろうとする方は、上記免許に加えて、 小型船舶操縦者としての業務を行うに当たり必要となる海難発生時における措置、救命設備等に関する「小型旅客安全講習」の受講を修了した「特定操縦免許」が必要になります。(ただし、旧制度の資格には、この「特定操縦免許」も含まれていましたので、受講が必要となるのは、平成15年6月1日以降の新規免許取得者のみとなります。)

【必要書類】

受講申込書

必要事項を全て記入し下さい。(フリガナも記入)

証明用写真

3枚 (パスポートサイズ 4.5cm×3.5cm カラー)

住民票抄本

1通 (個人、本籍地入り、6ヶ月以内のもの)

印鑑

1個 (認印、シャチハタ)

同意書

特殊小型船舶操縦士を受験する方のみ提出

【受講案内】

受講コース

取得可能年齢

学科講習

実技講習

1級小型船舶操縦免許

18歳

10時間

5時間

2級小型船舶操縦免許

16歳

4時間

5時間

特殊小型船舶操縦免許

16歳

2時間

3時間

進級・1級小型船舶操縦免許

18歳

6時間

なし

   学科講習は、昼間講習・夜間講習のどちらでも参加可能で、講習回数の短縮及び追加も可能

   実技講習は、昼間講習のみ(悪天候の場合、変更及び中止することもあります)

   4名様以上申込の場合、出張学科講習可能(講習場所提供可能な場合のみ)

   二級免許について年齢が18歳未満の方は、操縦できるボートの大きさが5トン未満に限定されます。
18歳に達すると、特に手続きは必要なくこの限定は解除され、次回免許証更新時には限定の無い免許証が発行されます。

【受験料金 税込】

受 験 コ ー ス

受 講 料

国 家 試 験 料

申 請 料 合 計 H24年度試験合格率

学科試験料

実技試験料

身体検査料

登録免許税 海事手数料 学科合格率 実技合格率

(1級+特殊)小型船舶操縦士

\55,850

\9,500

\35,300

\3,450

 \3,500  \5,400

\113,000

- -

(2級+特殊)小型船舶操縦士

\49,100

\6450

\35,300

\3,450

 \3,300 \5,400

\103,000

- -

1級小型船舶操縦士

\45,650

\6,600

\18,900

\3,450

 \2,000  \5,400

\82,000

64.0% 97.1%

2級小型船舶操縦士

\32,700

\3,550

\18,900

\3,450

 \1,800 \5,400

\65,800

85.0% 97.1%

特殊小型船舶操縦士

\16,650

\2,900

\16,400

\3,450

 \1,500 \5,400

\46,300

86.5% 100%

進級・1級小型船舶操縦士

\13,350

\6,600

\3,450

 \2,000  \5,400

\30,800

64.0%  免除
  【小型船舶免許更新・失効】
【受験料金 税込】
 

項目

更新講習

失効講習

受講料

4,070

8,900

収入印紙代(沖縄総合事務局手数料)

1,350

1,250

郵送代(簡易書留)

380

380

免許証発行代行手数料

2,200

2,470

支払合計

8,000

13,000


日本海洋レジャー安全振興協会講習内容
講習内容 時 間
更新講習 失効再交付講習



身体検査の詳細は、身体検査の内容(合格基準・方法)を参照 講習当日、身体検査に合格しないと講習を受講できません。 眼鏡や補聴器が必要な方は、必ず準備してください。 約30分
(受検者数により変動します)






講習当日配布する、教本「海技と知識」に基づいて
行います。講義内容は以下の通りです。
○新制度の概要
○遵守事項とマナー
○海難統計・海難事例・海難時の対応(人命救助等)
○小型船登録法の概要
○海上交通ルール
○地域のルール
○エンジンの故障対策
○新しい設備(航海・通信等)
○緊急時の連絡先リスト(海上保安庁等)
○理解度チェック(失効講習)  など
約40分 約100分


○海上交通ルール
○エンジンの取扱い
○気象・海象
○操縦時の心得 など
約25分 (1本) 約50分 (2本)
合 計 時 間  約1時間30分 約3時間00分